online|ベストティーチャー(Best Teacher) 評判 評価 口コミ

ある意味、最も重要な<講師陣>について

 

■高い人気を誇るベストティーチャーの講師陣は世界15カ国以上の国から集められています(やはり、これが重要な点ですね)。

 

■おそらく、すでにみなさんご存知のように、多くのオンライン英会話スクールでは講師陣全員がフィリ○ン人であったりするところがごく普通ですね(ホント、多いです)。

 

■誤解のないようにお断りしておきますが、べつにフィリ○ンの講師がいけないというのではありません。そうではなくて、講師の国籍があまりに偏っていると、ブロークンイングリッシュであったり、ビジネスシーンに通用しない英語であったり、いろいろと問題が多いのです(実際、あまり役に立たないという声がしばしば聞かれます)。

 

■ベストティーチャーの講師陣は世界中からまんべんなく集められているので、各講師による発音等の微妙な違いも、まさに生きた英語を学ぶ機会としてとても役に立つのです(この点の評価がとても高いスクールなんです)。

 

■いろんな意味で「ちょっと他とは違う」オンラインスクールであるベストティーチャーですが、まずは講師が違うという点が他のスクールと異なる大きな特徴となっているんです。

詳しい内容はコチラを

ライティングを重視したレッスンが特徴

 

■そもそも論を言えば、英語を幼児期から学ぶ場合は、「音」を重視するのは当然ですね(というか、「学ぶ」という意識はないはず)。

 

■しかしながら、それなりの年齢になってから、つまり、ある程度日本語の音韻構造を身につけてしまった後で、あらてめて英語を学ぶ場合、経験的に言っても、「音(リスニング)」を優先的に学んでいくやり方は問題が多いです(皆さん、同意頂けますよね)。

 

■具体的に言うなら、たとえば、英語には日本語の50音でとらえられない中間的な発音などがありますが、これを音だけで記憶にとどめるというのは、やや無理があるというものです

 

■ところが、みなさん、ここに文字(アルファベット)が入ると、様子は一変するんですね(経験者は皆知っています)。

 

■英語のヒヤリングやスピーキングでは、何となく収まりの悪い不安定さを感じていても、アルファベットの文字を書くことで気持ちが落ち着き、文字が記憶の「よすが」となって会話を助けてくれるのです。

 

ベストティーチャーは、この点で、とてもいい線いっているスクールだと思います。

 

経験的にも、書いたものって記憶に残りますからね

詳しい内容はコチラを

ベストティーチャー経験者の声がぞくぞく届いています!

 

(30代女性)
はじめに、テーマに沿った会話をチャット方式で先生と作っていき、その後スカイプで10分間のレッスンを行う方式です。

 

チャットの時点で、単語や表現を調べたりすることにより、徐々に知識がつきそうです。

 

スカイプでのレッスンは、10分という時間が初心者の私にはちょうどよく、楽しいし集中できます。

 

まだ2レッスンしか受けていませんが、先生は親切で丁寧だと思います。

 

レッスン回数は無制限ですが、チャットにけっこう時間がかかるので、1日1~2レッスンが限度
ではないかと思います。

 

でも、スキマ時間を有効に使えるので、とても満足しています。

 

(20代男性)
元Google副社長兼日本法人社長の村上憲郎氏『村上式シンプル英語勉強法』で提唱されている、良く聞かれる質問に対する回答をあらかじめ英語で準備するという勉強方法がいいなと思っていたのですが、自分で質問を考えて自分で回答を書くのはめんどくさい。。

 

そしたら見つけました! What kind of work do you do?(どんな仕事してるの?)、What do you do on weekends?(週末は何してる?)などの質問に英語で回答すると添削してくれるオンライン英会話スクールを!

 

その名もベストティーチャー(Best Teacher)! これはいいね。

 

(20代女性)
これは、英作の勉強にもなるし、自分の意見を整理するのにもとても有効です。

 

日中は先生とスクリプトのやり取りをして、夜、ライブでその自分の書いたスクリプトを実践できるからです。

 

普通のスカイプ英会話だと難しい事を説明できないのですが、このベストティーチャーだと前もってスクリプトが決まってるので、その点、しっかりしゃべれます。

 

発音指導もして頂けるし。

 

気に入ってます。

 

(30代男性) 
テキストを使うのではなく自分自身が講師と会話をやり取りし、その対話を録音してもらえ、練習・実践という流れに惹かれて体験。月額5980円で何度でもやり取りができるというのも好印象。
無料体験は一度のみ、テーマは「自己紹介」。テキストのやり取りは一回350字以内、自分から5回返信するまで(3回以上であればそこで終了でもOK)。すべてのやり取りが終わったのちに、添削と音声録音の資料が届きます。

 

私の場合、夕方に体験を申込み、その日のうちに4回目のやりとりまでは終えました。が、自分が返信してすぐに講師からの返信が来るわけではないので、別のことをやっているついでに時々メールチェックをするくらいのつもりでいるのが良さそう。翌日朝に5回目を返信して、その日の夜には録音された資料が届きました。

 

返信をした講師と録音をした講師は違ったけれど、録音資料の発音は良かったです。録音資料が届くまでの早さも、予想以上のスピードで進んだので満足。

 

資料が届くと、スカイプレッスンの予約が可能。無料体験だからか、レッスン日時は当日と翌日しか選べませんでした。(当日朝にスケジュールをアップする講師もいるようなので、朝にチェックして予約してしまうのがよさそう。)
スカイプレッスンには、欧米ネイティブもいればフィリピン人の講師もいます。

 

私はアメリカ人講師で予約。時間より少し前にスカイプのテキストでやりとりをして、準備ができたかどうかの確認、ビデオ通話。
スカイプレッスンは10分間。簡単なあいさつのあと、自分が作ったテキストの練習と添削された部分でわからないことなどの確認、講師からの質問3つ(「自由時間は何をしているの?」「趣味は?」「もし100万ドルを1日で使うとしたら?」)でした。

 

正直な感想として、10分間は短い! フリートークをする時間はほぼゼロ。
講師は若いけれど人当たりが良くて、レッスンも和やかでいい感じでした。レッスンが終わった後に毎回講評を送ってくれるそうで、アフターケアもしっかりしている印象です。

 

「英会話」だと実際の会話の実践(何が来るかわからない話の展開に加え、即座に自分の考えをまとめて述べていく力が必要)が中心になるので、やり取りの面白さは「英会話」が良い。
ただ、自分の考えを書いて、添削してもらえて、それをテキストとして使えるので、文法や英作文中心の授業を受けてきた日本人にとっての取り組みやすさはある。英会話スクールで使うテキストの内容にあまり興味が持てないという人向けかな。他のスクールとの併用もいいと思います。

詳しい内容はコチラを